CFD

株価指数CFD参考情報[12月8日]

 今日は日経平均は7日ぶりに反落しました。高値警戒感から売りが先行しましたが、グローベックス先物がプラスに転じたことで、押し目買いが意識されたようです。後場からも円高への警戒感が依然強く積極的な売買は手控えられたが、主力株の下値を拾う動きは続いて、ほぼ高値引けの小幅安で取引を終了。そしてTOPIXも反落。業種別では、電気・ガス、その他製品、サービスなどが上昇、海運、不動産、空運などの下げが大きいようです。

 続いて中国株式市場で上海総合指数は下落。終値は前営業日比35.23ポイント安(1.06%安)の3296.66でした。

 気になるドバイ関連ですが、主要株価指数のドバイ金融市場総合指数が5.5%下落しているようです。

以上、CFDの株価指数銘柄の売買の参考としましょう。

タグ

2009年12月 8日|コメント (0)

カテゴリー:CFD, 経済情報関連